マイコプラズマ肺炎は感染はするのか?



スポンサードリンク

f:id:kuman525:20170625143350j:plain

実際、子供がマイコプラズマ肺炎になって感じた事は、本当に厄介な病気だと思いました。

 

果たして、感染するかどうかですが、接触感染や飛沫感染により周りに広がる病気なので感染する確立が非常に高いです。

 

特に学校などの集団生活の場で流行りやすいと思います。

 

現にうちの子も、高熱が続く感じでなく、咳がひどくなり長く続いただけでした。そのため、「肺炎」とはいっても学校に行くことを制限されることはありません。

 

最初は「ただの風邪」だと思い込んでいたので、マイコプラズマ肺炎に感染しているのがわかるまで1週間はかかったと思います。それくらい普通の咳との違いがわかりにくかったです。

 

しかもマイコプラズマ肺炎は潜伏期間も長かったです。

f:id:kuman525:20170625144434j:plain

たとえマイコプラズマ肺炎にかかり学校をお休みしたとしても、その時にはもう周囲には菌が蔓延しています。

 

そのためクラスの中にマイコプラズマ肺炎の生徒がして、お子さんのせきが続く場合はうつっている可能性が高いため早めの受診をお勧めします。

 

他にも、マイコプラズマ肺炎潜伏期間や熱の症状などをコチラまとめて見ましたのでご覧頂けたらと思います。

 

続きはコチラ

japan-news7.info

 

この記事をご覧の方はコチラの記事も読んでます。

japan-news7.info

datsu-ubuge.seesaa.net

beauty-girl.hatenablog.com